GearVRのスペックと体験談レビュー|アダルトVRは視聴できる?

fullnote
管理人
こんにちわ「エロVRの達人」管理人かんりにん清水しみず@vr_pro_jp)です。アダルトVRの耳寄りな情報をたっぷりお届けします。

GearVRはGalaxy(ギャラクシー)スマートフォン専用のVRゴーグルで、サムスンとOculusが共同開発したものです。

3,000円未満で買えるVRゴーグルで、VRをお手軽に楽しめると人気です。

アダルトVRヘビーユーザーである筆者もGearVRを使用しており、そのコスパに満足しています。

この記事では筆者のGearVRの愛用歴をもとに、製品のスペックや感想をまとめました。

厳選!アダルトVR動画を撮っている女優一覧

とにかく抜けるエロVR動画をみたいあなたへ!

おすすめアダルトVR動画

今、日本で一番アツいAV女優を一覧にしました。

毎日更新しているので、ぜひチェックしてみて下さい。

エロVR作品がある「オススメAV女優」一覧を見る

アダルトVRが初めての方、AV女優とセックスしたい方、必見!

エロVRの始め方と、無料体験する方法を紹介。

アダルトVRの始め方

VR作品は、普通のAVとは比較にならないほどの臨場感があり、AV女優との疑似SEXが楽しめます。

アダルトVRを見るのに必要なものや、お手軽に始める方法を解説します。

さらに無料でエロVRを視聴する方法も紹介☟

エロVRの始め方解説ページへ行く

GearVRはFANZAのアダルトVRも視聴可能

GearVRはFANZAのアダルトVRも視聴できます。

筆者はアダルトVRを観るのにFANZAを利用していますが、その他のアダルトVR配信サイトも問題なく使えます。

専用コントローラーで操作も手軽

GearVRには専用コントローラーが付いており、操作がお手軽です。

トリガーボタンによる操作で、アダルト動画やゲームを楽しむことができます。

FANZAを始めとする、アダルトゲームも片手で操作できるので、快適に抜くことができます。

GearVRでアダルトVRを見る方法

GearVRでアダルトVRを見る手順として、FANZA VRを観る方法を簡単に解説します。

  1. GearVRのUSBコネクターにGalaxy端末を接続。
  2. Oculusアプリが自動的にインストール。
  3. Oculusアプリ内で「DMM」と検索し、DMM VR動画プレイヤーアプリを
    ダウンロード。
  4. GearVRを装着しホーム画面から、マイアプリ内の「DMM.com」に
    視点をあわせタップ。
  5. ログイン後、DMMで購入した動画を同期。
  6. 観たい作品をタップ、詳細画面を開き、ストリーミング再生。
    または、ダウンロード再生を選択。
  7. ダウンロード完了後、再生ボタンをタップすると動画開始。

誰でも簡単にでき、短時間でインストールできるのも、FANZA VRの優れたところです。

GearVRでアダルトVRを見る方法は、以下のFANZA公式サイトでも解説されています。

GearVRで購入したVR動画も視聴可能! – DMM.com

GearVRの特徴・スペック

解像度2560×1440
視野角101度
対応機種 Galaxy Note9/8/5/Galaxy S9/S9+/Galaxy
S8/S8+/Galaxy S7/S7 edge/Galaxy S6 edge+/S6/S6 edge
メガネ対応
リフレッシュレート60Hz

GearVRはサムスンとOculusが2015年に共同開発した、コスパ最強のVRゴーグルです。

GearVRはメガネをかけたままでの使用OKです。

映像の滑らかさを表すリフレッシュシートが60Hzですが、理想値は90Hzには及びません。

とは言え、アクションゲームのような激しいモノ以外のコンテンツを楽しむのに、大きな影響はありません。

レンズから見える映像の範囲を表す視野角が101度で、解像度は2560×1440ピクセルです。

ちなみにGearVRよりも高価なPSVRやOculus Riftに比べると解像度は高いです。

GearVRはGalaxyスマホとセットで利用

GearVRは単独では使えず、Galaxy(ギャラクシー)スマホとにセットして利用できます。

iPhoneや他社Androidスマホは使えません。

HTC VIVEやOculus Rift Sなどのハイエンド機に比べると価格が安く、VRを手軽に楽しめる最適な機種と言えます。

Galaxy Note 10は

2019年にはOculusがGearVR向けのアプリ開発サポートの終了を発表したため、Galaxy Note 10がGearVRに対応しないことが判りました。

その結果、新たな映像コンテンツのインストールができなくなりました。

既にインストールされているアプリはそのまま使えます。

FANZAの視聴は問題なし

筆者はFANZAのVRを視聴しており、FANZAの視聴に関しては全く問題ありません。

片手で自然に操作できるように、設計された専用コントローラー付きで、本格的なゲームプレイもできます。

もちろん、各種のアダルトゲームは自在に操作できますよ。

おすすめのアダルトVR配信サイトのFANZAについては、以下のページで詳しく解説しているので参考にして下さい。

FANZAの詳細ページへ行く

GearVRの世代

GearVRは発売以来第1世代から第3世代と三つの世代に分けられます。

それぞれ特徴を持ちながら改善されて、VRゴーグルの先駆者として、時代を切り開いて来たと言っても、過言ではありません。

価格も¥3,980~、¥10,557~、¥6,910~と分かれていますが、第1世代もまだまだ人気です。

世代名第1世代第2世代第3世代
型番SM-R322 NZWAXJPSM-R323SM-R324
対応機種Galaxy S7 edge/S6/S6 edge/Note 5Galaxy S7/S7 edge、Galaxy Note 5/Galaxy S6/S6 edge、Galaxy S6 edge+Galaxy S10/S10+/S9/S9+/S8/S8+/S7 edge/Galaxy S6/Galaxy S6 edge

GearVRの最新機種はSM-R325ですが、市場ではほとんど見当たりません。

代わりにSM-R324があり、発売年や対応機種、スペックも変わらないものになります。

GearVRはサムスンとOculusが共同開発した、スマホを使用するタイプのVRゴーグルです。

ハイエンド機であるサムスンのGalaxyシリーズにのみに、対応しています。

GearVRはGalaxyの対応スマホを装着するだけで、VR体験を楽しめます。

GearVRの性能はスマホをただ拡大しただけのような、他社のスマホ用VRゴーグルとは、明らかに違うのです。

GearVRをおすすめしたいユーザータイプ

コスパに優れたGearVRをおすすめしたいタイプは以下のようなユーザーです。

  • 高解像度のVR映像を楽しみたい方。
  • VR映像を長時間視聴したい方。
  • VRゲームにも興味がある方。

問題は、2019年にGalaxy次世代スマートフォン「Galaxy Note 10」がGearVRに対応しないことが判明したことです。

Oculusがアプリ開発サポートの終了を発表したため、新たな映像コンテンツのレンタルや購入はできません。

ただ、既にインストールされている両アプリは継続して使用可能ですよ。

筆者はFANZA VRを利用していますが、FANZA VRの視聴に関しては、全く問題ありません。

Oculus搭載GearVR: スマートフォン向けポータブルVRヘッドセット | Oculus

GearVRと他機種とのスペック比較

解像度視野角リフレッシュレート
GearVR
(¥10,550~)
2560×1440101度60HZ
HTC Vive Pro 2
(¥173,420~)
2448×2448120度90Hz
Meta Quest2
(¥59,400~)
1832 × 1920 非公表
(前のモデルは110度)
90Hz
PlayStation VR
(¥24,500~)
1920×1080110度120Hz

上表はGearVRと、ハイエンド機のスペックの比較表となります。

他社のスマホ用VRゴーグルの大半は「解像度」「視野角」「リフレッシュレート」の数値が記載されていないため、ここではハイエンド機との比較をお伝えします。

解像度は他社のハイエンド機に負けてない

GearVRは解像度では他社のハイエンド機に負けていませんが、「視野角」と「リフレッシュレート」の数値が他よりも低いです。

価格の違いから言っても、当然なのでしょう。

しかし、トータルの数値からすると、コストパフォーマンスに優れた機種であることは、間違いありません。

リフレッシュシートは比較的に低い

GearVRはリフレッシュシート(1秒間の映像で使われるフレーム数)の数値が他のハイエンド機に比べると、低いですね。

しかし、高い数値が必要なのは動きの激しいアクションゲームだけです。

リフレッシュシートの高い数値は、速い動きをスムーズに映し出します。

普通のVR動画では、大きな影響はないとの報告もあります。

普通の動画では、GearVRが他よりも画質が劣っているとは、言えません。

GearVRを使うにはgalaxy(ギャラクシー)が必要

GearVRを使うにはサムスンgalaxy(ギャラクシー)のスマホが必要です。

iPhoneや、他社のAndroidスマホは使えません。

人気のSM-R324の対応機種は以下の通りです。

Galaxy S10+、Galaxy S10、Galaxy S9+、Galaxy S9、Galaxy S8+

Galaxy S8、Galaxy S7edge 、Galaxy S6edge

GearVRの使用にはハイスペックなスマホが必要です。

きれいな画面表示には、性能の高いプロセッサが必須なんですね。

SM-R324は、上記の機種に対応しています。

いずれも性能の高いプロセッサを搭載しているスマホです。

S8やS8+以上の最新機種は、きれいな画面を快適に楽しむことができます。

ただし、S10はOculusがアプリ開発サポートを終了させたので、GearVRに対応しません、

GearVRで何ができる?

GearVRはOculusにより厳選されたコンテンツ群を楽しめ、世界市場にある1000以上のVRアプリが利用可能です。

しかし共同開発をしていたOculusがアプリ開発サポートの終了を発表し、GearVRでは利用できないアプリも多数あります。

このことによりGalaxy Note 10のスマホはGearVRに対応していないので、その点はご注意ください。

GearVRの価格

GearVRの価格の価格は3,780円~で新品は少なく、中古市場に多く見られます。

Amazon・楽天市場で入手可能

Galaxy GearVR with Controller SM-R324はアマゾン、楽天市場で入手可能です。

2020年8月時点で、最新の型番は「SM-R325」(2017年発売)ですが、ほとんど売り切れです。

その代わりに発売年が同じの「SM-R324」(2017年発売)があり、スペックも同じです。

他社VRゴーグルとの価格比較

GearVRと価格が変わらない他社のスマホVRには、スペックを知る上で重要な、解像度や視野角、リフレッシュシートの数値が記載されていません。

なので、ここではハイエンド機種との価格比較を紹介します。

HTC Vive Pro 2価格:¥173,420~
Quest 2価格:¥57,800~
PlayStation VR価格:¥24,500~
GearVR価格:¥3,780~

GearVRの価格は第3世代、 M-R324(コントローラー付き)の価格をご紹介しています。

他のハイエンド機から比べるとかなり安く、入手しやすい価格ですが、中古市場で価格が高くなっている機種もあります。

尚スマホ用VRゴーグルは3,000円前後と、GearVRと価格の変わらない製品が多く、上記で触れたように、GearVRの対抗機種から外しました。

GearVRの口コミ・評判

GearVRの口コミを紹介します。

悪い口コミと良い口コミの両方がありますが、それぞれを要点を絞って紹介します。

悪い口コミ

名無しさん
名無しさん
長時間使用すると、スマホの熱が上がりパフォーマンスが低下、バッテリーの消費も大きい。
名無しさん
名無しさん
Oculus社との提携が終わっているので、今後が不安だ。

第一世代は長時間の使用でパフォーマンスの低下が見られましたが、世代が進むにつれて改善されました。

他のハイエンド機種に比べると、バッテリー周辺の機能が劣るのは確かです。

2019年にサムスンとOculusの提携が終了しましたので、新しい映像コンテンツのレンタルや購入はできないですね。

筆者はほとんどFANZA VRを利用していますが、影響は全くありません。

その他のおすすめVRゴーグルも知りたい人は、以下のページでVRゴーグルの選び方や、おすすめのデバイスを紹介しているのでチェックしてみて下さい。

VRゴーグルの選び方とおすすめのデバイスを詳しく解説

良い口コミ

GearVRに対する良い口コミが5点ありますので、紹介します。

名無しさん
名無しさん
価格・操作性・クオリティのバランスがよく、Galaxyをお持ちの方には購入をおススメします。
名無しさん
名無しさん
GALAXY+gearVRでのVR視聴は手軽で没入感が得られる視聴環境だと思います。
名無しさん
名無しさん
視野が広いし、発色も良く、へッドトラッキングのラグが少ないから目が疲れにくくVR酔いもないです。
名無しさん
名無しさん
頭を動かしても、スクリーンはほとんど動かないように感じられる。
名無しさん
名無しさん
装着感は他のハイエンド機よりも軽く感じました。

GearVRはコスパに優れているとの口コミや評判が圧倒的です。

ハイエンド機との価格差が大きい割りには、性能が良いのが最大の特徴ですね。

お手軽感があり、装着感があまり気にならない点も大きな特徴と言えるでしょう。

GearVRのデメリット

GearVRのデメリットは、2019年にOculusとの提携が終了したことです。

GearVRはサムスンとOculusが共同開発した製品で、性能・機能・トラッキング等、モバイルデバイスとは思えないようなスグレモノです。

ただ、筆者のようなFANZA VRを楽しむために購入した層には、全く影響がないことを付け加えます。

同じスマホセットタイプのVRゴーグルでおすすめの製品には、ソニーの「Xperia View」もあるのでチェックしてみて下さい。

GearVRのメリット5つ

VRゴーグルGearVRのメリットを5つ、紹介します。

  1. 他社のスマホVRゴーグルに比べて機能が充実。
  2. 一部のハイエンド機より優れた機能。
  3. メガネをかけたままの装置が可能。
  4. 価格が安くお手軽感。
  5. 使い勝手良さと満足のいく没入感。

GearVRには5000円を切る価格で、価格の変わらない他社のスマホVRをしのぐ性能や機能があります。

一部のスペックではハイエンド機をも凌駕するのですから、驚きです。

気軽にVRを楽しめるのが最高のメリットであると、言っても良い製品ですね。

まとめ

GearVRは軽くて操作性が良く高性能です。

Galaxyスマホを持っている方は、気軽に没入感溢れるVR世界を楽しめる優れた製品です。

視野が広く、発色も良くて目の疲れが少ないために、VR酔いもありません。

高い機能を持ちながら、5000円を切る価格は大きな魅力です。

ただ、共同開発したOculusとの提携が終了したことは残念なできごとでした。

大きな影響はありましたが、筆者のようなアダルトVRだけを楽しむ者には影響が全くありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました