PR

Xperia View(ソニーのVRゴーグル)の特徴とスペック|FANZAのアダルト動画も視聴可能

fullnote
管理人
こんにちわ「エロVRの達人」管理人かんりにん清水しみず@vr_pro_jp)です。アダルトVRの耳寄りな情報をたっぷりお届けします。

Xperia Viewはソニーが開発した高解像度・広視野角の専用レンズ搭載のVRゴーグルです。

装着すると、まるで現実世界にいるような錯覚に陥るほど没入感に浸れます。

またXperia Viewは性能の高さから、FANZA(DMM)のエロVR視聴にもおすすめです。

一般的なスマホ用VRゴーグルよりも高いですが、その分、まったく次元が違う疑似セックスが楽しめますよ。

以下、Xperia Viewのスペックや他のVRゴーグルとの比較、評判についてレビューします。

VRゴーグル「Xperia View(エクスペリア ビュー)」とは?

ソニーから発売されたXperia限定スマホVR「Xperia View」の概要を掘り下げて解説します。

ハイクオリティな映像

「Xperia View(エクスペリア ビュー)」は世界初の8K 360°のVR視聴体験ができるVRゴーグルです。

登場人物の肌の透明感や着衣の肌ざわりまで映し出す、没入感に溢れた高い精度の映像が魅力となっています。

スマホ取り付けタイプや同価格帯のVRゴーグルではありえない美しい映像が楽しめますよ。

短時間でできるセットアップ

Xperia ViewでVRを見るためのセットアップ方法を解説します。

  1. 「Xperia Viewアプリ」のチュートリアルに従い、レンズの間隔を調整する
  2. Xperia View側面にある着脱レバーでフロントカバーを外す
  3. カバーを付けるような感じでスマホをセットする
  4. Xperia Viewアプリを起動する

コントローラーは付いていないため、Xperiaの音量キーをカーソル移動、カメラキーを決定ボタンとして使います。

VRゴーグルを装着した状態で、首を左右に振るジェスチャー操作も可能です。

首を振ってカーソルを移動したり、本体側面を2回軽くタップすると決定といった操作ができます。

「VR酔い」は皆無

Xperia Viewは視野角が広いので「VR酔い」しません。

対角120度の視野角を誇っており、映像がブレないからです。

視野角が狭いとVR酔いを起こして、せっかくのVR体験は台無しになってしまうので、視野角の広さは重要なポイントになります。

またXperia Viewはレンズに特殊な技術が施されており、Xperiaの高い解像度を活かす構造になっているため自然な視界が得られるのが特徴。

中央部に非球面レンズを置き、周辺をフレネルレンズで囲む一体型のXperia Viewは、ソニーが世界に誇るテクノロジーが作り出した技術です。

フレネルレンズを視野に入れて対象物を見るために、酔いづらい構造になっています。

簡単な着脱で安定した装着感

Xperia Viewは安定した装着感で、手軽にVR動画を楽しめます。

重さは約400g、幅広いヘッドバンドなので、長時間付けていても疲れにくいです。

野球のキャッチャーマスクを被るように、一人で取り外しができます。

およそ400gのデバイスを顔面に装着する訳ですが、ヘッドバンドをしっかりと絞めると装着感が気になりません。

Xperia View(エクスペリア ビュー)の特徴・スペック

解像度 7680×4320
視野角 120度
重量 約400g
対応機種 [XQZ-VG01A](2022/06/03発売)
Xperia 1 IV、Xperia 1 III
Xperia 1 II

[XQZ-VG01](2021/11/19発売)
Xperia 1 III、Xperia 1 II
メガネ対応
リフレッシュレート 120Hz

Xperia Viewの特徴を以下3点に絞って解説します。

  1. 解像度
  2. 視野角
  3. リフレッシュレート

上記の3点に関して、詳しく解説していきます。

1.解像度

Xperia Viewの解像度は8Kに相当する7680×4320で、世界初と言える高い解像度です。

これはスマホ取り付けタイプや、同じ価格帯のVRゴーグルにはない高い精度となっています。

2.視野角

Xperia Viewの視野角は120度です。

一方、同じ価格帯のVRゴーグルは、視野角100度~110度のものがほとんど。

他の低価格のVRゴーグルとは一線を画していることがわかりますね。

3.リフレッシュレート

リフレッシュレートは120Hzで、滑らかな映像を堪能できます。

Xperia Viewは、8Kの高解像度で360度VRコンテンツに対応するハイスペックです。

価格が16,500円~ですから、他がマネできないコスパのVRゴーグルと言えますね。

Xperia Viewの底面には調整スイッチがあり、左右のレンズの間隔を微調整できるのが特徴です。

微調整をすることで、VRゴーグル最大のパフォーマンスを発揮させます。

Xperia ViewはFANZAのアダルトVR視聴に最適

ソニーのVRゴーグルXperia Viewは、FANZAのアダルトVRの没入感を最大化してくれます。

その理由は、Xperia Viewがもつ高い解像度です。

これによって、FANZAの高画質アダルトVR作品を、最大のパフォーマンスで再生できます。

Xperia ViewでエロVRを見れば、AV女優の肌質や髪の毛1本までを的確に捉え、汗やその他の飛沫が飛び散る様子もしっかり描写。

他のVRゴーグルとは一線を画す没入感・臨場感で、リアルに近い疑似セックスを体験できますよ。

Xperia ViewでFANZAのVR動画を楽しむ手順は次の通りです。

  1. Xperia ViewアプリをGoogle Playストアからインストール
  2. 「Xperia View専用 DMM VR動画プレイヤー」アプリをインストール
  3. FANZAのサイトに入り、視聴したいVR動画を選んで再生

以下のページではFANZAで無料でアダルトVRを見る方法や、サイトのおすすめポイントについて解説をしています。

アダルトVRの配信サイト「FANZA」の詳細ページへ行く

Xperia View(エクスペリアビュー)の価格

Xperia Viewの価格や入手方法について解説します。

Xperia Viewの価格と入手方法

Xperia Viewの価格は16,500円~となっています。

Xperia Viewはソニーのインターネット直販サイト「ソニーストア」や、ソニーの直営店で入手可能です。

ソニーストアは、銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神の5店舗があります。

近くに店舗がない方は、家電量販店やECサイトを利用すると便利です。

Xperia Viewと他のVRゴーグルとの価格比較

Xperia Viewと他のVRゴーグルとの価格比較について解説します。

Xperia View 価格:16,500円~ 発売日:2021/11/17
MetaQuest3 価格:74,800円~ 発売日:2023/10/10
HTC Vive Pro2 価格:103,400円~ 発売日:2021/6/30

Xperia Viewは、価格やスペック面で他のVRゴーグルとは一線を画すコスパの良さが評判です。

ただしMetaQuest2やHTC Vive Pro2はスマホ用ではなく、一概に価格だけで判断することはできません。

自身のニーズや使い方によって、どのタイプが良いのかが変わってきます。

Xperia Viewの口コミ・評判

ネットやSNS上にあるXperia Viewの口コミ・評判を紹介します。

悪い口コミ

名無しさん
名無しさん
フェイスパッドはもう少し分厚くして欲しい。
名無しさん
名無しさん
レンズまでの距離が近いので、本体を付け外しする時に擦らないか心配になる。

ソニーが開発したレンズを付けていることもあり、レンズに傷をつけるのは心配ですね。

フェイスパッドの改良なら難しくないので、早期に改善されることを期待しましょう。

良い口コミ

ネット上にあったXperia Viewの良い口コミを5つに絞ってご紹介します。

名無しさん
名無しさん
画像がめちゃくちゃ綺麗です。
名無しさん
名無しさん
簡単に使えて高画質と言うのは素晴らしい。
名無しさん
名無しさん
これだけの高画質で2万円を切る安さはすごいことだと思います。
名無しさん
名無しさん
120ヘルツのXperia1 IIIと組み合わせたが、非常に没入感があり、素晴らしい。
名無しさん
名無しさん
眼前に乃〇坂ちゃん達が迫って、語りかけ、私を見つめてくる。

8Kに相当するクオリティの高い映像を絶賛する口コミが大半です。

高画質で扱いやすいデバイスが3万円を切るコスパの良さが人気の理由ですね。

Xperia ViewとMetaQuest2の比較レビュー

Xperia ViewとMetaQuest2を比較しながら、2つの機種の違いや類似点を解説します。

機種 Xperia View Meta Quest2
解像度 7680 × 4320 1832 × 1920
視野角 120度 非公表
(前モデル110度)
リフレッシュレート 120Hz 90Hz
トラッキング 3DoF対応 6DoF対応

Xperia Viewの解像度は、MetaQuest2の3倍も高い数値です。

同価格帯のVRゴーグルは視野角がほとんど100度前後なので、120度のXperia Viewは優れていると言えます。

リフレッシュレートはMetaQuest2よりもXperia Viewの方が数値が高く、より滑らかな画面を楽しめます。

頭の動きを感知するトラッキング機能はMetaQuest2のほうが優れており、Xperia ViewではVR世界を移動できる6DoF体験は不可能です。

Xperia ViewはVR動画をきれいな画面で楽しむだけのもので、トラッキング機能の高さが重要となるVRゲームには対応していません。

MetaQuest2の解説ページへ行く

Xperia Viewのデメリット3つ

Xperia Viewのデメリットを解説します。

  1. Xperia Viewの対応機種は3種のみ
  2. 長時間使用するとスマホ本体が熱を帯びて冷却期間が必要
  3. PC接続ができない

Xperia Viewの対応機種は、ソニーのスマホ「Xperia 1 IV」「Xperia 1 III」「Xperia 1 II」です。

長時間使用すると加熱するのはXperia Viewというよりも、接続するスマホ本体の改良の問題でしょうね。

またこれ以外には、FANZAのスマホアプリでは8KVRが再生できないデメリットもあります。

Xperia Viewのメリット5つ

Xperia Viewのメリットを5点紹介します。

  1. 専用設計なので、スマホの音量ボタンやカメラボタンを押して操作できる
  2. レンズが最適設定になっていて視野角も広い→より立体感を感じられる
  3. 調整機能がしっかりしている
  4. 汎用スマホ用VRゴーグルよりも遥かに性能が良い
  5. 既に「Xperia 1 IV」「Xperia1Ⅲ」や「Xperia1Ⅱ」ユーザーにとっては絶対おすすめ

Xperia Viewのコスパに優れたところが圧倒的に支持されています。

対象になるスマホの種類が多ければ、利用者はもっと増えるでしょう。

まとめ

「Xperia View」は簡単な操作で、超高画質のVR空間を体験できるVRゴーグルです。

世界初の8K 360°の画質は、スマホ取り付けタイプとしてはありえない臨場感を提供します。

どのハイエンド機にも負けない高性能で、2万円を切るコスパの良さが魅力です。

ソニーが開発してきた技術が詰まった名機ですが、対象となるスマホはソニーの3機種のみ。

サービスを広く提供できないところが残念な点ですが、最高のVR体験をするためにスマホを変えるのも十分ありでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました