PR

PICO4はFANZAのアダルトVRに対応!エロゲ好きにもおすすめ

fullnote
管理人
こんにちわ「エロVRの達人」管理人かんりにん清水しみず@vr_pro_jp)です。アダルトVRの耳寄りな情報をたっぷりお届けします。

PICOは2022年に「Pico4」と「Pico Neo3 Link」の2機をリリースしました。

同じ年に出たことで「どう違うの?」と疑問に感じる方も多いでしょう。

そこで今回は、他機種と比較しながらPico4の特徴やスペックについてまとめました。

気になるアダルトVR視聴方法も解説しているので、VRヘッドセット選びの参考にしてみてください。

初心者必見!エロVRの始め方を解説!

とにかく抜けるエロVR動画をみたいあなたへ!

おすすめアダルトVR動画

無料サンプルだけでも抜けるかも!?

通常のAVでは体験できない臨場感とリアリティを楽しめます!

エロVRの始め方の解説ページを見る

Pico4の特徴

「Pico4」は2022年10月7日に発売されたオールインワンVRヘッドセットです。

パンケーキレンズを採用したことによって、従来機に比べて大幅な薄型化・軽量化を実現させています。

ストレージは2種類(128GB・256GB)あり、解像度のスペックはトップクラスの数字です。

価格も抑えられているため、初めてVRヘッドセットを購入する方も手を出しやすいと思います。

Pico4と接続するPCの推奨スペック

Pico4はスタンドアローンのVRヘッドセットですが、対応しているソフトやアプリは少ないです。

単体ではできないこともあるため、PCに接続して使用する機会が多くなるでしょう。

ただしVRに対応できるPCには、それなりのスペックが求められます。

以下はVRゲームなどでよく利用されるソフト「SteamVR」の最低・推奨スペックです。

最低 推奨
OS Windows7/8.1/10
プロセッサ Intel Core i5-10700
AMD FX 8350以上
Intel Core i7-4590
AMD Ryzen7 3700X
メモリ 4GB 16GB
GPU GeForce GTX 970
Radeon R9 290以上
GeForce GTX 1060
Radeon RX 480以上

上記の推奨スペックがあれば、ほとんどのVRゲームや動画の視聴に対応できます。

Pico4はアダルトVRも視聴できる

Pico4は、FANZAなどのアダルトVR視聴が可能です。

高解像度で視野角が広いため、スマホで見るVRとは臨場感・没入感ともに雲泥の差があります。

しかしPico4単体では視聴することができない場合もあり、その際はPCを介してデータを読み込まなければいけません。

また配信サイトによって手順が異なるのも面倒に感じる点です。

アダルトVR動画の視聴方法については後半で解説していくので、あわせてご確認ください。

Pico4の公式サイトに行く

Pico4と他機種のスペック比較

Pico4の具体的なスペックを紹介します。

MetaQuest2、Pico Neo3 Linkの2機と比較しながら見ていきましょう。

MetaQuest2との比較

まずはVRヘッドセットの中でも人気のある、MetaQuest2とスペックを比較してみました。

製品 Pico4 MetaQuest2
価格 128GB:49,000円
256GB:59,400円
128GB:39,600円
256GB:46,200円
重量 約580g 503g
解像度 片目 2160×2160 片目 1832×1920
視野角 105度 非公表
メモリ 8GB 6GB
リフレッシュレート 最大90Hz 最大90Hz
トラッキング 6DoF(カメラ内蔵) 6DoF(カメラ内蔵)
瞳孔間距離調整 62~72mm
(0.5mm間隔)
58/63/68mm
(3段階)
PC接続方法 有線/無線 有線/無線

MetaQuest2と比べると、スペックはPico4がやや上回っています。

重量はPico4がやや重たいものの、ディスプレイ部分の厚みは35.8mmと約半分です。

これだけの薄さにも関わらず、メガネをかけたまま使用できるのは評価できますね。

また最近はMetaQuest3が登場しましたが、74,800円~と高額なのでPICO4の方が手を出しやすいです。

MetaQuest2の詳細を見る

MetaQuest3の詳細を見る

Pico Neo3 Linkとの比較

製品 Pico4 Pico Neo3 Link
価格 128GB:49,000円
256GB:59,400円
256GB:49,280円
重量 約580g 642g
解像度 片目 2160×2160 片目 1832×1920
視野角 105度 98度
メモリ 8GB 6GB
リフレッシュレート 最大90Hz 最大120Hz
トラッキング 6DoF(カメラ内蔵) 6DoF(カメラ内蔵)
瞳孔間距離調整 62~72mm
(0.5mm間隔)
58/63.5/69mm
(3段階)
PC接続方法 有線/無線 有線/無線
DPポート なし あり
イヤホンジャック なし あり

Pico Neo3 Linkは、Pico4の1つ前に発売された機種です。

スペックはPico4が高いですが、PCに有線接続して使用する場合はPico Neo3 Linkに軍配が上がります。

Pico4にはDPポートがなく、有線でのPC接続はUSBケーブルを使用する形です。

DPケーブルのほうが高速かつ劣化がほぼないので、VRを有線接続で楽しむならPico Neo3 Linkが優位と言えるでしょう。

また両機種ともにPCとワイヤレス接続することも可能ですが、この場合は高スペックなPico4のほうが快適です。

以上の点から、価格・有線接続で選ぶならPico Neo3 Link、スペック・無線接続ならPico4をおすすめします。

Pico Neo3 Linkの詳細を見る

Pico4のデメリット2つ

Pico4のデメリットは以下の2つです。

  1. 対応しているアプリが少ない
  2. イヤホンジャックがない

この2点について詳しく見ていきましょう。

1.対応しているアプリが少ない

Picoストアのアプリ数は、ライバルのMetaに比べるとかなり少ないです。

人気のBeatSaberやバイオハザートなどは、残念ながらPICO4ではプレイできません。

一般のVRゲームをプレイしたい場合は、どんなアプリがあるのか必ず確認しておきましょう。

一方、アダルトVRに関しては、FANZAが対応するようになり充実度がアップしています。

2.イヤホンジャックがない

Pico4にはイヤホンジャックが搭載されておらず、音量によっては外部に漏れてしまいます。

一般のゲームやVR動画ならまだいいですが、アダルトVRやエロゲーとなると話は別ですよね。

これを回避するには、bluetooth対応イヤホンの使用またはUSB-Cでの有線接続が必要です。

持っていない場合は別途用意しなければならず、さらなる出費と手間がかかってしまいます。

ただPico4の空間オーディオスピーカーはとても高品質なので、音漏れが気にならない方にとっては全く問題ありません。

VRゴーグル・ヘッドセットの選び方とおすすめの製品に関しては、以下のページで解説をしています。

VRゴーグル・ヘッドセットの選び方とおすすめ製品の解説ページを見る

Pico4のメリット4つ

Pico4のメリットは以下の4つです。

  1. 高い解像度(4320×2160)
  2. 本体価格が比較的安い
  3. カラーパススルー機能がある
  4. 装着感が良い

これらのメリットについて、1つずつ解説していきます。

1.高い解像度(4320×2160)

Pico4の強みの1つは、4320×2160という高い解像度です。

画素密度も1200ppiで、この2つはMetaQuest2を上回る数値となっています。

実際にアダルトVRを視聴してみましたが、非常に高い臨場感で楽しむことができました。

特に女優が至近距離に迫ってくるシーンは、本当に目の前にいる感覚でゾクゾクしますよ。

2.本体価格が比較的安い

本体価格が安いのもPico4の魅力です。

人気のVRヘッドセットと比較するとコスパの良さがよく分かります。

製品 価格
Pico4 49,000円~
Meta Quest3 74,800円~
VIVE Pro2 209,000円
PSVR2 74,980円

オールインワンのVRヘッドセットで50,000円を切るのは凄いですね。

さすがにVIVE Pro2にはスペックで劣るものの、普通の人が使う分には申し分ないはずです。

3.カラーパススルー機能がある

Pico4にはカラーパススルー機能が搭載されています。

ゴーグルをかけたまま周囲を見ることができるため、何かする度にわざわざ脱着する手間がありません。

裸眼ほど鮮明ではありませんが、カラーで見えるのも嬉しいポイントです。

またクイック機能をONにすれば、本体右側を2回タッチするだけで切り替えが可能。

アダルトVRの視聴中であってもティッシュを探すのに困りませんよ。

4.装着感が良い

Pico4は本体が薄型・軽量化されているため、装着したときのバランスが良いです。

MetaQuest2は本体だけで500gほどあり、どうしても前に重心が偏りがちでした。

前後のバランスが悪いと疲れやすく、どうしても徐々に視線が下に向いてしまいます。

しかしPico4なら、長時間の使用でもストレスを感じにくいです。

ただしストラップがゴム素材ではないので、仰向けでの視聴にはあまり向かないでしょう。

Pico4の公式サイトに行く

Pico4がおすすめな人

メリットやデメリットを踏まえた上で、Pico4がおすすめなのは以下のタイプです。

  • 高画質のVRを体験したい
  • ハイスペックPCを持っている
  • コスパが良いVRヘッドセットが欲しい

Pico4は画質とコスパに優れたVRヘッドセットです。

初心者からベテランまで幅広く使用でき、VRを楽しみたい方にとっては選択肢の1つとなるでしょう。

ハイスペックPCに関してはPico4だけに求められるものではありません。

スタンドアローンのみで使用したい場合は、MetaQuest2が最もニーズに合うと思います。

Pico4の口コミ・評判

Pico4の口コミ・評判をまとめました。

良いものと悪いものに分けて紹介します。

悪い口コミ・評判

Pico4の悪い口コミは以下になります。

名無しさん
名無しさん
PCも一緒に買うとなると予算が足りない…。
名無しさん
名無しさん
Pico4だけでエロVRをすぐ見れないのは不便です。

アダルトVRがメインの方には、Pico4単体だけで視聴できないのは手間ですね。

またこれからPCも新規購入する場合は、どうしても初期投資にお金がかかってしまいます。

しかし一度揃えてしまえば、様々なVRコンテンツをハイクオリティで楽しめるのは大きなメリット。

安いものを細かく買い替えるよりは、思い切ってPico4を購入するのもアリでしょう。

良い口コミ・評判

Pico4の良い口コミは以下になります。

名無しさん
名無しさん
このスペックで5万以下というのは凄いと思う。
名無しさん
名無しさん
画質の良さや視野角の広さにびっくりしました。
名無しさん
名無しさん
パススルーがあればちょっとしたときに外さなくていいので便利です。
名無しさん
名無しさん
不便な点もあるがトータルで見るとかなり優秀。
名無しさん
名無しさん
いろいろ悩んでPico4にしましたが大正解だったと思います。

良い口コミで最も多かったのはコストパフォーマンスの高さです。

どれにするか決めきれないときは、Pico4を優先して検討してみてください。

Pico4の公式サイトを見てみる

Pico4でアダルトVRを見る方法

Pico4でアダルトVRを見る方法を紹介します。

ここではユーザーが多いFANZAとアダルトフェスタのVR視聴方法をまとめました。

FANZAの場合

FANZAのアダルトVRを見るには、専用アプリ「DMM VR動画プレイヤー」が必要です。

PICO4の発売時には対応していませんでしたが、現在はPICOストアからインストールできるようになりました。

これによりPCがなくても、スタンドアロンでFANZAのエロVRが視聴できます。

  1. PICOストアからDMM VR動画プレイヤーアプリをインストール
  2. FANZAでVR動画を購入
  3. DMM VR動画プレイヤーで再生

FANZAの場合はPICO4だけで完結できるため、MetaQuest2や3と変わらない使いやすさです。

FANZAの詳細ページを見る

アダルトフェスタの場合

アダルトフェスタでエロVRを視聴する方法は2つあります。

  1. PCにVR動画をダウンロードしてPICO4に転送
  2. ストリーミングアシストを利用して視聴

1の方法は、PCとPICO4をケーブル接続してファイルを転送するものです。

再生するVRアプリによって動画の保存場所などが異なるので、FANZAに比べるとやや面倒かもしれません。

2はSteam VRのコンテンツをPICO4にストリーミングする方法です。

PCにSteamVRをインストール(有料)しておく必要があり、別途費用が発生してしまいます。

いずれにせよPCは必要になるため、アダルトVRをスタンドアロンで見たい方には不向き。

ただ、匠シリーズなどの高画質VRは定評があるため、環境が整っている方にはおすすめできます。

アダルトフェスタの詳細ページを見る

Pico4でVRエロゲーはプレイ可能?

Pico4はVRエロゲーもプレイすることができます。

推奨機器に指定されている作品はまだ少ないのですが、今後は遊べるVRエロゲが増えてくるでしょう。

アダルトVRもゲームも画質が良いに越したことはありません。

この点からも、解像度の高いPICO4を使うメリットは十分にあります。

VRエロゲーの特徴とおすすめゲームの解説ページへ行く

まとめ

Pico4はスペックとコスパに優れており、おすすめできるVRヘッドセットです。

アダルトVRやVRエロゲーも楽しめるので、これから購入する方には有力候補となるでしょう。

特にFANZAのエロVR動画に対応したのは大きな進歩。

これまではMetaQuestシリーズが優位でしたが、PICO4がこの牙城を崩すかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました