PR

「Pico Neo3 Link」の特徴と口コミ・評判まとめ|アダルト動画にも対応のVRヘッドセット

fullnote
管理人
こんにちわ「エロVRの達人」管理人かんりにん清水しみず@vr_pro_jp)です。アダルトVRの耳寄りな情報をたっぷりお届けします。

Pico Neo3 Linkは、PC接続でもスタンドアロンでも楽しめる、世界的に注目されているVRゴーグルです。

「Pico Store」で100以上、「SteamVR」で6000本以上のアプリを選べます。

アダルトコンテンツを視聴することもでき、専用のDisplayPortケーブルに接続することで没入感溢れるPCVRモードが体験可能です。

この記事ではPico Neo3 LinkでFANZAのアダルトVRを見る方法や、製品の特徴・スペック、他のゴーグルとの比較について解説しています。

初心者必見!エロVRの始め方を解説!

とにかく抜けるエロVR動画をみたいあなたへ!

おすすめアダルトVR動画

無料サンプルだけでも抜けるかも!?

通常のAVでは体験できない臨場感とリアリティを楽しめます!

エロVRの始め方の解説ページを見る

Pico Neo3 LinkはFANZAのアダルトVRにも対応

エロVR動画はFANZA(旧DMM)で決まり!無料サンプルや充実した検索機能がおすすめ

Pico Neo3 Linkは、FANZAのアダルトVRの視聴が可能です。

FANZAのアダルトVRを見る手順

Pico Neo3 LinkでFANZAのアダルトVRを見る手順は以下になります。

  1. 「Pico Neo3 Link」をゲーム用PCに接続(Wi-Fi/有線)
  2. オンラインストアの「SteamVR」を起動し、DMM公式のVR再生アプリをダウンロード
  3. VR再生アプリで動画を再生

推奨のPCスペックは次のとおりです。

  • CPU : Intel Corei5-4590 または AMD Ryzen 1500以上
  • GPU : NVIDIA GeForce GTX1060 または AMD Radeon RX480以上

Pico Neo3 Linkは、単体ではFANZのVRを観ることができません。

単体使用ではFANZAのVRは見れない

「Pico Neo3 Link」の単体使用では、FANZA VRを視聴できません。

DisplayPortケーブルをPCにつなぐことで、DMMVR動画プレイヤーPC版でアダルトVRを視聴できるようになります。

また、WiFi環境があれば、PCとワイヤレスで接続することも可能です。

FANZA VRの最高画質は8Kですから、アダルトVR動画における最高の画質が楽しめますよ。

アダルトVRの視聴におすすめのサイト「FANZA」の詳細ページへ行く

Pico Neo3 Linkの特徴・スペック

解像度 3664×1920
視野角 98度
重量 642グラム
対応機種 プロセッサ
・Intel® Core™ i5-4590
・AMD Ryzen 1500以上
グラフィック
・NVIDIA® GeForce® GTX 1060
・AMD Radeon RX 480以上
RAM
・8GB以上
メガネ対応
リフレッシュレート 最大120Hz

4Kの美しい映像が楽しめる

「Pico Neo3 Link」の解像度は3664×1920、4Kが3840×2160ピクセルなので、4K相当の美しい映像が楽しめます。

3840×2160ピクセルの4K映像に相当する解像度は、5万円を切るVRゴーグルとは思えない高性能です。

重量は「MetaQuest2」よりも軽く、ストラップもしっかりしているため長時間の視聴も可能。

視野角は98度と一般的で、中央に集中しているので良いとの評価もあります。

リフレッシュレートは最大120Hzとなっており、滑らかな映像を楽しめるのも特徴です。

コスパに優れた最高品質PCVRモードを体験可能

「Pico Neo3 Link」はPC接続(Wi-Fi/有線)でPCVRモードを楽しめる、コスパの良いVRヘッドセットです。

付属のDisplayPortケーブルを用いた非圧縮映像で最高品質のPCVRを利用でき、これで5万円を切るのは一つの評価ポイントとなるでしょう。

VR視聴に最適な5メートルの長さのケーブルでも、映像信号の劣化も遅延もありません。

2022年10月には、「Pico Neo3 Link」よりもさらに進化したハイエンド機として、PICO4が発売されたので、詳細は以下のページをチェックしてみてください。

VRヘッドセット「PICO4」の詳細ページを見てみる

「Pico Neo3 Link」で何ができる?

「Pico Neo3 Link」でできることや、おすすめの使い方を解説します。

4K動画の視聴、VRゲームができる

「Pico Neo3 Link」は4K動画、VRゲーム、その他の動画サービスの視聴(Amazonプライムビデオ、YouTube、Netflix、huluなど)ができます。

他にもVR動画を通してのアート鑑賞やフィットネスなど、様々な用途に向いています。

VRを楽しむ際は、「Steam vr」や「Pico Store」から専用のアプリをダウンロードしてください。

Steam VRストアのゲームを楽しめる

「Pico Neo3 Link」は、VRアプリのプラットフォームである「Steam」のVRゲームを楽しめます。

手順は以下のように簡単です。

  • WiFi接続または付属のDPケーブル接続によるPC VRでアプリ「Pico Link」をダウンロード
  • 「steam vr」をダウンロード
  • 「steam vr」で好きなタイトルを購入してプレイする

簡単に6000タイトル以上のゲーム・非ゲームアプリを選択し、楽しむことができます。

ソーシャルVRアプリ「VRChat」は利用できる?

Pico Neo3 Linkでは、「VRChat」も遊ぶことができます。

VRChatは、VRの世界で他のユーザーとコミュニケーションが取れるソーシャルVRプラットフォームです。

「Pico Neo3 Link」でVRChatを利用する流れは以下になります。

  1. 「vrchat」の公式サイトでアカウントを作成
  2. PC版は「steamvr」からダウンロード
  3. 各種のワールドに参加

「[JP]TUTORIAL WORLD」は、初心者に最適なワールドのひとつです。

VRChatの操作方法がすべて日本語になっており、すんなりVRの世界に入っていけます。

歩きながら壁に書いてある日本語を読み、遊び方を学ぶことができるので初心者でも安心ですね。

VRChatの詳細ページへ行く

「Pico Neo3 Link」の価格

「Pico Neo3 Link」の価格は44,799円です。

44,799円は相場の価格

「Pico Neo3 Link」は44,799円と高価ですが、4Kの高画質VRが楽しめるという点を見れば相場と言えます。

ヤマダ電機Amazonで、オンラインで手軽に購入可能です。

購入するかどうか迷っている方は、必ずユーザーの口コミ・評価をチェックしましょう。

他のVRゴーグルとの価格比較

「Pico Neo3 Link」と他のVRゴーグルとの価格比較について解説します。

Pico Neo3 Link 価格:44,799円 発売日:2022/06/24
MetaQuest2 価格:39,600円~ 発売日:2020/10/13
HTC Vive Pro 2 価格:103,400円 発売日:2021/06/30
PlayStation VR2 価格:74,980円~ 発売日:2023/02/22

「Pico Neo3 Link」は、価格やスペックで、「Meta Quest 2」を強く意識したデバイスだと話題になっています。

価格競争を展開することで、VRデバイスの市場はさらに活気づくでしょう。

また、直近では「PlayStation VR2」や「MetaQuest3」が発売されました。

VRゲームも楽しみたい方にとっては、待ちに待ったリリースですね。

Pico Neo3 Linkの口コミ・評判

ネット上にある「Pico Neo3 Link」の口コミやレビューから、悪い口コミと良い口コミの両方を紹介します。

悪い口コミ

「Pico Neo3 Link」の口コミには、PC接続をする際のDP(Display Port)接続で不具合が生じるといったものがあります。

常にDP接続をした状態だと、正常に動かないといった口コミが複数ありました。

DP接続の不具合に関する問題は、未解決のままの人もいれば、使い勝手が悪いまま使用している人がいるようです。

良い口コミ

「Pico Neo3 Link」の良い口コミを紹介します。

名無しさん
名無しさん
VRを始める人には、最適の機種だと思う。
名無しさん
名無しさん
5万円でDPケーブル込み、ヘッドバンド込みで買えるのはとても安い。
名無しさん
名無しさん
VRチャットはアバターの操作がちょっとてこずったが、あとはとても良い。
名無しさん
名無しさん
Metaquest2より約120g軽いです。このおかげでvrライフがより楽になりました。
名無しさん
名無しさん
装着感が良く、長時間使用しても全く疲れません。

「Pico Neo3 Link」への口コミは「Meta Quest 2」との比較に関するものが大半です。

両機とも性能がほぼ同じなのに、コミコミで5万円を切る「Pico Neo3 Link」を支持する声が圧倒的でした。

「Pico Neo3 Link」と「MetaQuest2」の比較

「Pico Neo3 Link」と「MetaQuest2」を比較しながら、それぞれの違いや類似点を解説します。

以下6つの内容について、比較しました。

  1. ストレージ容量
  2. 解像度
  3. 視野角
  4. リフレッシュレート
  5. トラッキング
  6. PCVRモード

それぞれの比較ポイントについて、詳しく解説してきます。

1.ストレージ容量

Pico Neo3 Link 256GB(44,799円)
1機種のみ
MetaQuest2 256GB(46,200円)
128GB(39,600円)

ストレージとは、データを保管しておくための補助記憶装置で、大きい程パワーを発揮します。

「Pico Neo3 Link」のストレージ容量は、256GBの1機種だけです。

一方、「Meta Quest 2」には256GBと128GBの2種類があります。

どちらを選択するかはユーザー次第ですね。

2.解像度

Pico Neo3 Link 3664×1920
MetaQuest2 1832×1920

解像度の数値が低い画像は粗く、数値が高いほどクリアで鮮明な視界を実現します。

解像度では「Pico Neo3 Link」の方が高いです。

「Pico Neo3 Link」の解像度3664×1920ピクセルは、4Kの3840×2160ピクセルに近い数値。

従って、4K相当の解像度と言っても良いでしょう。

3.視野角

Pico Neo3 Link 98度
Meta Quest 2 非公表、前のモデルは110度

「Pico Neo3 Link」は視野角が98度です。

VRゴーグルは大半の製品が100度前後なので、視野角は平均的と言えるでしょう。

視野角は範囲が広いほど没入感が増し、狭いと双眼鏡を覗くような感じになります。

「Meta Quest 2」は非公表ですので、ここでは正確な比較ができません。

4.リフレッシュレート

Pico Neo3 Link 120Hz
Meta Quest 2 90Hz

リフレッシュレートは1秒間の再生に使われる画像の枚数を指し、数値が高いほど滑らかで高品質なVR体験が可能です。

「Pico Neo3 Link」のほうが「Meta Quest 2」より数値が高く、より滑らかな画面を楽しめます。

5.トラッキング

Pico Neo3 Link 6DoF対応
Meta Quest 2 6DoF対応

「Pico Neo3 Link」は、トラッキング6DoF(※)対応です。

4機の広角カメラでより正確なトラッキングを実現します。

「Meta Quest 2」も6DoF対応で、本格的なゲーム体験が可能です。

両機ともに、途中でトラッキングが失われることはなく、操作の感じは良好とのレビューが多くなっています。

※DoFとは、自由度を表すもので、3DoFと6DoFがあります。
 6DoFのほうが自由度のパターンが多く、よりリアルな体験が可能です。

6.PCVRモード

PCVRとしては、「Pico Neo3 Link」の方が「MetaQuest2」よりも圧倒的にコスパが良いと言えます。

「MetaQuest2」でPCVRを利用する場合は、ストラップやPC接続時のケーブルが必要になり、2万円以上も価格がアップするからです。

ただし「MetaQuest2」はPCVRとしても使えるスタンドアローン型なので、総合的に見ればスペックに大差はないと言えます。

「Pico Neo3 Link」は発売されて日が浅いことから、評価の向上は今後のグレードアップにかかってきそうですね。

Pico Neo3 Linkのデメリット

「Pico Neo3 Link」のデメリットは、単体使用でプレイできるゲーム数です。

Pico Neo3 Linkでは、Picoストアでゲームを購入することになりますが、2023年3月時点のゲーム数は170個ほどになります。

MetaQuest2のMetaストアで遊べるゲームは300以上あるので、比較するとゲーム数は少なく感じるでしょう。

VRゴーグル「Pico Neo3 Link」のメリット

「Pico Neo3 Link」のメリット5点を以下に挙げます。

  1. 4KPCVR画質が4K解像度の高画質
  2. 手頃でコスパの良いVRヘッドセット
  3. 「Steam VR」のゲームを楽しむ際、画質面で有利な非圧縮・低遅延で利用可能
  4. 内蔵ストレージは「Meta Quest 2」の上位機種と同じ256GB
  5. PC接続用の専用ケーブルも付いて、コスパが最高

上記の点から「Pico Neo3 Link」は、初心者からヘビーユーザーまで幅広く使えるデバイスであると言えます。

普段のアダルトVR鑑賞やゲームに使用する分には、まったく支障はないでしょう。

価格が安いとは言えませんが、PSVR2と比較するとコスパはかなり優秀です。

迷っている方は、選択肢の一つに入れることをおすすめします。

まとめ

「Pico Neo3 Link」はスタンドアロンとPC VRに両対応しています。

トータルバランスに優れており、付属品を含めた価格が5万円以下、高ストレージに高画質といった点が魅力です。

優れた装着感と快適性で単体でも遊べ、PC接続でも高機能を発揮します。

ライバル機「MetaQuest2」と比べると、本体・必須オプション込みで価格は約4万円お得。

現段階ではコスパ最高のVRゴーグルと言っても過言ではないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました